VIP2チャンネルまとめ 芸能ニュース

VIP2チャンネルまとめ 芸能ニュースでは最新の話題の芸能スレ、おもしろネタや、笑えるスレ、笑える画像など日頃の気になるスレを日々お届けします。

    2チャンネル芸能ニュースまとめサイト



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/14(火) 19:26:10.84 ID:CAP_USER9.net

    放送作家の鈴木おさむが、13日に自身のアメブロを更新。疲れのため体が動かなくなったというハプニングを明かした。

    「先週、富士山に行ったりしたせいか、疲れがマックス」と体調についてつづった鈴木。
    それでも自身が演出・脚本を手掛ける舞台『八王子ゾンビーズ』が上演中のため、前日も会場に足を運んだり、その合間に別の仕事に行ったりと忙しくしていたという。

    さらに23時からトークバラエティ番組『日曜The NIGHT~アキコとオサムの日曜夜中に男サダメ~』(AbemaTV)の生放送があったことから、
    家で仮眠をとろうと考えていたが、妻でお笑いトリオ・森三中の大島美幸と息子が友人と食事をしていたため合流したといい、
    「体しんどいなーと思いながらご飯食べてたんですが。食べ終わり、家に帰りまして。そしたら、体が動かなくなってしまったんです」と明かした。

    鈴木はその時の様子を「食あたりとかじゃなく。体のコントロールがきかない」「疲れがたまりすぎたり、色々気持ちも疲れて、本当にたとうと思っても立てないと言うか」と説明。
    あと2時間後に生放送を迎えるというタイミングだったことから、大島に「体やばい。動かないかも」と訴えたという。

    それを聞いた大島はオイルと道具を使って体をもみほぐしてくれたといい、
    「そしたら体を血液が回っていくのがわかりました」と少し改善した様子。
    「そんで、20分仮眠で、現場にぎりぎりに入る」とバタバタで現場入りした様子を明かした。
    ブログの最後で鈴木は、「結構久々に来たな、この感じ」「体が動かなくなる感じ、怖かったなー」と改めて振り返った。

    この投稿に「そこまで疲れちゃってるのは、心配ですね・・・」「美幸さんがマッサージをマスターしていてくれて良かった」
    「おさむさんは まだ若いから 何かあったら 家族が可哀想」「笑福くんのためにも無理しないで休んでくださいね!」などのコメントが寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15158610/
    2018年8月14日 18時40分 アメーバニュース


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【【芸能】鈴木おさむ、疲れがたまり体が動かず「たとうと思っても立てない」】の続きを読む



    1 47の素敵な :2018/08/14(火) 22:05:53.68 .net

    インスタやツイッターは更新し続けてるけど遊んでるやつばかり
    まさか芸能界に未練ある? VIPQ2_EXTDAT: none:none:1000:512:----: EXT was configured


    【芸能界引退した矢倉楓子っていま何やってんの?】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/08/14(火) 00:40:26.36 ID:CAP_USER9.net

    おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務めるトークバラエティ 『おぎやはぎの「*」テレビ』#78(毎週月曜よる9時~) が8月13日、
    AbemaTV(アベマTV)にて放送。“美人枠”として出演したタレント・重盛さと美が、服を脱ぎたくなる瞬間を赤裸々に語った。


    (出典 image.news.livedoor.com)


    この日は“*枠”の出演者たちがHの時の服の脱ぎ方について熱弁。
    矢作から「重盛さんは何かある?」と聞かれた重盛は「自分で脱ぐ時は、相手が寝ててこっちがしたい時」とぶっちゃけた。
    矢作からさらに「真っ裸なの?」と詳細を求められると「真っ裸じゃないですけど」と下着くらいは着けていることをほのめかせた。

    重盛はここで「すぐ脱がしてくる男はガッカリ」と自論を展開。
    お風呂についても「(事前に入っても入らないままでも)どっちでも大丈夫」と、天真爛漫に語っていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/15154933/
    2018年8月13日 23時0分 AbemaTIMES


    【【芸能】重盛さと美、自ら服を脱ぐのは「相手が寝ててこっちがしたい時」】の続きを読む

    このページのトップヘ