VIP芸能2チャンネルまとめ 芸能ニュース

2ちゃんねるで最新の話題のスレ、おもしろスレ、笑えるすれなど 日頃の気になるスレを日々お届けしてます。

    2チャンネル芸能ニュースまとめサイト

    カテゴリ: 芸能まとめ



    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/01/19(金) 00:43:47.70 ID:CAP_USER9.net

    フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激
    2018年01月18日 23:21 スポニチ Sponichi Annex 芸能
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/01/18/kiji/20180118s00041000416000c.html

    フジテレビの山崎夕貴アナウンサー Photo By スポニチ

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(30)が18日放送のフジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜後9・00)で自宅内を公開した。

    「突撃!!となりのチャチャッとキッチン」と題した企画で、とんねるずの2人とカンニング竹山、永島優美アナウンサーがサプライズで山崎アナの自宅を訪問した。竹山が「女子アナの家に行っていいの?」とコメントすると永島アナは「アナウンス室的にも基本的にはNGだと思いますが、山崎さんは“別枠”ですよね」と答え笑いを誘った。

    朝の情報番組「ノンストップ」の打ち合わせと聞いていた山崎アナは玄関ドアを開けた瞬間、とんねるずの姿を見て「えっ!?はっ!?何してるんですか?」と目を丸くした。

    洗濯物を部屋干ししている姿や、単身者用の冷蔵庫の中身を公開。実家から持ってきた化粧台やタンスを使っているため、統一感のない装いだが、ネット上では山崎アナの飾らない姿が話題になり「女子アナなのに庶民的な部屋の雰囲気がいい」「感じいいなあ。人柄がにじみ出ている」「あんなに働いているんだから、もっといい部屋に…」など感心する声が集まった。

    交際中のお笑いタレント・おばたのお兄さん(29)との“デート”について聞かれると「定食屋さんに行きます。(おばた)があまりお金がないので、安めのところに」といい、支払いについては「割り勘です。きっちり割り勘」と明かした。


    【【芸能】フジ山崎アナが自宅公開、女子アナらしくない部屋の装いに視聴者感激[18/01/18]】の続きを読む



    1 みつを ★ :2018/01/13(土) 06:00:09.41 ID:CAP_USER9.net

    http://www.afpbb.com/articles/-/3158223?cx_position=76

    2018年1月12日 6:33 発信地:ロサンゼルス/米国
    【1月12日 AFP】先日のゴールデン・グローブ賞(Golden Globe Awards)授賞式で主演男優賞を受賞したばかりの米人気俳優ジェームズ・フランコ(James Franco)さん(39)について、女性5人が性的に不適切な行為を受けたと訴えていることが、米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)の11日の報道で明らかになった。

     うち4人はフランコさんが設立した映画学校の元生徒で、ヌードシーンの撮影中などでのフランコさんの不適切な言動を証言。5人目の女性は、2年前に交際中だったフランコさんから圧力を受けて嫌々ながらオーラル*をしたと訴えている。

     フランコさんは7日夜のゴールデン・グローブ賞授賞式に、セクシュアルハラスメント(性的嫌がらせ)被害者への連帯を示す運動「タイムズ・アップ(Time's Up)」のピンを着けて出席。『The Disaster Artist』での演技によりコメディー/ミュージカル部門主演男優賞を受賞した。

     だがその後、ツイッター(Twitter)では複数の女性がフランコさんに対する怒りのコメントを投稿。そのうちの一人で、ノースハリウッド(North Hollywood)にあるフランコさんの学校「スタジオ4(Studio 4)」の生徒だったサラ・ティザーカプラン(Sarah Tither-Kaplan)さんはロサンゼルス・タイムズ紙に対し、授賞式は「顔面に平手打ちを受けたようだった」と述べている。

     2015年の未公開映画で、フランコさんに売春婦の役を振られたティザーカプランさんは、出演者らがヌードで*パーティーに興じるという「ボーナス」シーンの撮影に臨んだ際の経験を回想。フランコさんが他の女優数人にオーラル*をするシーンで、女優らの*を覆っていた透明なプラスチックの保護具を外したと証言した。さらに女優たちは、台本にないシーンでトップレスになりフランコさんの周りで踊るよう求められたという。

     フランコさんとその弁護士はロサンゼルス・タイムズ紙が報じた女性らの証言内容を否定。弁護士は、ティザーカプランさんが過去にソーシャルメディアへの投稿で、問題の作品に出演した際の体験を肯定的に語っていると指摘した。

     ティザーカプランさん本人もこの投稿をしたことを認め、フランコさんからは後に不快な行為について謝罪があったとしているが、それでも撮影所での体験は「危険信号」だったと述べている。(c)AFP

    http://www.trbimg.com/img-5a566500/turbine/la-1515613436-eiunv25hh4-snap-image


    【【芸能】米俳優ジェームズ・フランコ、女性5人がセクハラ告発 映画の撮影のオーラルセックスで女優の性器プラスチック保護具を外す】の続きを読む



    1 朝一から閉店までφ ★ :2018/01/01(月) 05:06:03.10

    ライブドアニュース
    KAT-TUN、元日に活動再開 『カウコン』3人で「Real Face」熱唱
    オリコン


    [画像] KAT-TUN、元日に活動再開 『カウコン』3人で「Real Face」熱唱


     2016年5月から充電期間に入っていた人気グループ・KAT-TUNが1月1日に活動を再開させた。12月31日から元日に東京ドームで開催され、
    フジテレビ系で中継されているライブイベント『ジャニーズ カウントダウン コンサート 2017-2018』で発表した。


    →【画像】漫画化されたKAT-TUN


     司会を務めるTOKIOの国分太一が「今年最初のビッグサプライズ」と呼びかけ、V6の井ノ原快彦が「充電期間を経て、あいつらが返ってきたぞ!」とファンをあおると会場には黄色い歓声がこだました。

     続けて国分が「今夜、再始動。行くぞ、KAT-TUN」と紹介すると大ヒットしたデビュー曲「Real Face」のイントロが流れ3人が登場。
    中丸雄一は「皆さん、明けましておめでとうございま~す」とあいさつし、上田は「2018年、KAT-TUN再始動するぞ!」と宣言。亀梨は「4月に東京ドーム公演決まりましたー!」と発表した。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

     http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/14103635/?__twitter_impression=true


    【KAT-TUN、元日に活動再開 『カウコン』3人で「Real Face」熱唱 】の続きを読む



    1 Track No.774 :2012/06/09(土) 09:58:20.32 .net

    バラエティは論外
    モデルだけやってればいいのに


    【【歌へた】何やってもへた 佐々木希【演技へた】】の続きを読む



    1 あちゃこ ★ :2017/12/30(土) 15:33:17.91 ID:CAP_USER9.net

     4月に社会人となり、芸能を取材する部署に配属されて4か月が経過した。これまで数々の芸能イベントを取材してきたが、29日、芸能記者にとって最大のイベントのひとつである「NHK紅白歌合戦」の
    取材デビューをした。毎年のように実家で紅白を見ていたため、楽しそうという淡い気持ちを抱えていたが、リハーサル一日目の取材を終えた感想は“和んだ”だ。

     この日、10時半にNHKホールに到着。入り口で取材受付を済ませて、目の前にある階段を下ると、ざっと200人以上の人で、広いはずのロビーが埋め尽くされていた。多くの人が予防のためマスクを
    していて、異様な光景だ。人をかき分け、リハーサルが行われているホール内に入ると、「あ、思っていたより会場って小さいんだ」。テレビで見ると大きい会場というイメージがあったが、思いのほか狭い。
    豪華と言うより、アットホームだった。

     紅白は本番の一発勝負に近いと思っていたが、リハから本番さながらのパフォーマンスと緻密な音合わせ。視聴者に最高のステージを届けるために、局も出演者も妥協無しだ。緊張からか、マイクを持つ手が
    震えている出演者もいるほどだった。

     リハーサルは常に緊張感が漂っていた。熱の入ったパフォーマンスを見ていると、思わず取材であることを忘れてしまうことも。郷ひろみと登美丘高校ダンス部とのコラボに歓声をあげ、ゆずの熱唱に涙し、
    三浦大知のパフォーマンスに酔いしれ、歌番組でよく見る「星野源でした~!」が飛び出すと嬉しくなった。

     一方で、同時多発的に行われる囲み取材の繰り返し、巨大要塞のようなNHK本館で迷子になるなど戸惑うことばかり。紅白初取材と意気込んでいたが、夕方を過ぎる頃には身も心も疲れてきた。

     そんな疲労をほっと温かい気持ちにさせてくれたのが、人気アイドルグループ「嵐」だった。今年はメンバー主演映画・ドラマが多数公開。6年連続9度目の5大ドームツアーを開催中で、最終的に
    85万5000人の動員を見込む。紅白は9年連続出場。司会もグループで5年連続務め、昨年、相葉雅紀(35)、今年は二宮和也(34)が就任した。

     午後8時45分頃。「まもなく嵐さんの囲み取材が始まります」とアナウンスされると、その日一番の取材陣が集結。嵐は到着すると、まずフォトセッションに応じた。カメラマンから「ポージングお願いします」
    と要望を受けると、すっと、全員がガッツポーズ。相談もせず、目を合わせることもなく、期待に応える姿にデビュー18年の重みを感じた。

     フォトセッションを終えると、囲み取材。ホールの入り口にある階段をメンバーは4段ほど上がり、それを報道陣が下から見上げる形式で行われた。取材が始まる前に報道陣が録音するために後ろから前へ、
    次から次へとボイスレコーダーが手渡され、最前列に陣取っていた人はそれを床に置いていたが、約50個をさばききれずにいた。すると、嵐のメンバーは前へと差し出されているレコーダーをすっと手に取り、
    床に置いたのだ。恩着せがましいのではなく、「はいはい」「これも?」と自然に。そんなことをさせていいのかと内心冷や冷やしていたが、周囲にいる先輩記者たちは、その姿に焦らず。“嵐だから”と
    許される光景に驚かされた。トップアイドルに登りつめても、決しておごらず、自然の振る舞いにも優しさを持ち合わせている。謙虚で庶民的な感覚の5人が愛される理由が分かった気がした。

     嵐は取材中、今年1年を漢字で「和」と表現した。「今年はSexy Zoneのみんなとイベントをやったり今ツアーを回らせていただいて5人でいたり、なにより二宮和也先生の“和”という字を
    嵐としては推したい」と櫻井。大変恐縮だが、疲れた心が嵐の行動で和んだので、記者の紅白デビューも漢字1字で「和」とさせていただきたい。(記者コラム)

    スポーツ報知
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171230-00000096-sph-ent


    【【芸能】初の紅白取材…嵐の人気の秘密を垣間見た】の続きを読む

    このページのトップヘ